銀座ダイアリー

まじ銀13日目!

真剣に銀座のクラブのママの元で働き始めてます13日目

 

 

本日は、

ママととても長いお付き合いのあるIさんという方が2名さまで20時ごろからご来店されました。

 

 

私はまだ準備できていなかったので、急いで準備し、

ピアノの先生Mさんはいつも通りピアノの弾かれていました。

 

 

Mさん(歴が長い方)とママが既にお客さまの対応に入っている中、

いらっしゃいませ、と会釈をし、

そのまま待機しながら身の回りの整理整頓や補充をしていました。

 

 

作業をしながら、

お客さまのお話の中で兵庫県の名前や地元の隣街である三田(さんだ、ですw)というワードを耳👂にして、反応しそうになりました…w

 

 

そうしていると、

ママからのお声掛けがかかり、

失礼しますと言い、端に座りお話を伺いながらドリンク作りをしていました。

 

 

暫くすると、別でご予約されていたお店の会長がご来店されて、

ピアノの先生Mさんとママが対応に入られていました。

 

 

その間、私とMさんでお二人のお客さまの接客をするとなり、

やっぱり私は何から会話をしていいか分からずのまま、

 

Mさんがふと私に先ほどの兵庫県の話を私に振ってくださり、

Hさん(Iさんのお連れ様)が加東市にゴルフをしに行かれていたという話ができ、

Mさんの振りのおかげで会話のリズムが和らぎました…!

 

そんな話から始まり、

Hさんがオカマバーのお話をし始められ、男性→女性になる過程がどのようなものかをMさんが話してくださいまして…

工事(?)とやらはほんとに一筋縄ではいかず、身体的にとても大変そうなのだと聞いていて感じました…

そう考えると、はるな○とかほんとすごいな…と思います!

 

そしてその話から、

Hさんと娘さんの関係性が良いという話から、それぞれの父と娘の話で盛り上がりました…!

Mさんと私の昔の父親像は似ていて、実際Mさんの方がかなり過激だったかもしれませんが

あの頃は(10代あたり)はほんとよく揉めていたな〜…と思いました…(笑)

 

Hさんとの話を聞いて、私も納得したのは、

適度な距離感(会う頻度)があるのが思春期の娘さんとも上手くやっていけるちょっとした秘訣なのでは!?と感じました(笑)

 

Iさんが疑問に思っていたところは…

「どうして女性は床に落ちた髪の毛を拾わずにそのままでいれるのだろう…?」でした(笑)

→個人差はありそうですが、

そうなるのは家族内という安心感と後の誰かがやってくれるだろう精神が働いてしまっているのかな、とかつてそれでよく叱られていた私は思うのであった…(笑)

 

全体を通して、いつもお店にご来店されているCさん(韓国語堪能)という方が来るはずらしく

お二人はしきりにその方のお話をしたり、「まだかな?来ないか…」というお話が挙がっていました!

→私はとにかく想像やMさんの返しを聞きながらでお三方の関係性を探っていました(笑)

 

 

そうして話していると、

別のテーブルで飲まれていた会長がお帰りになられ、

ピアノの先生Mさんと、ママがこちらに来られました!

 

その間も私はとにかくドリンクや、お二人が食されたチョコの袋を常に気にしながらテーブルキレイにドリンク作る!を意識しまくってました…😅

 

前回も話した通り、ピアノの先生が鹿児島からおかえりになったということで

HさんとMさんが鹿児島のお話で盛り上がっていました!

 

・鹿児島といえば…うなぎがとても有名なのだそうです!(うなぎ❤️のわたしが知らなかった…😭)

大島(おそらく奄美大島?)というところが凄い南国のところ(海と地平線から夕日を眺められる!!)

↓(あくまで例ですが)ほんとヤシの木ありました!日本のハワイや〜!!🌴

・鹿児島といえば、城山ホテル?がとても有名!!

・(写真を見せて頂いた時)海もほんと透き通っていて、川のようにクリアでした!!

「森伊蔵」という本当に美味しい・飲みやすい芋焼酎の酒蔵を見ることができる!(高級!ぜひ飲みたい!)

鹿児島産の有機栽培のサツマイモを原料とし、手間のかかる伝統的な「かめつぼ仕込み」により生産。森伊蔵は、芋焼酎の独特な臭みの無い、まろやかな味わいが人気を博しています。

森伊蔵の焼酎について詳しいお話はこちらより…↓

https://www.nomooo.jp/column/53442/#cont0

 

と鹿児島のお話で花が咲いている頃、

ママとIさんはなんと平成4年頃からずーっと関係が続いているのだそうで、

(平成4年って私まだ生まれてへん…w)

ほんとに何でも知っている間柄(特にお客さまと)って素晴らしいなと思いました!

 

そして例のCさんと電話も繋がったようなのですが、

結局来られず…どんな方なのか次回お見えになるのが楽しみです(笑)

 

2時間ほど滞在されてお二人はお帰りになりましたが、

本日来られたIさんは本当に落ち着いた方で、Hさんも良い方でした。

 

ただ、私はまだせわしなくドリンクを入れたりして優雅さが足りませんでした…

 

おかえり後、もうお盆前でもう来られないだろうということで

片付けに入りました!

私:洗い物、キッチン周りの片付け ピアノの先生Mさん:トイレ掃除 Mさん:フォロー

 

順番に着替えて、ピアノの先生Mさんはパッと帰られて

私は意を決してママに最近の私の動きなどはどうか?と伺ったところ、

 

硬い…

「(一生懸命やっているのは分かるのだけれど)お客さまはそこまで真面目さを求めていないよ。

「会話を聞いていると、まだやっぱりちぐはぐしている。ただ考えてできるものじゃなくて、理屈で説明できないものなの。

「気づいてほしいことは、お客さまは私のレベルにわざわざ合わせて話をしてくれたり、振ってくれたりしていること。

「まだ接待という大事な場には出せない…」

 

という話を近くで聞いてくださっていたMさんにも意見を求めつつ、私にお伝えしてくださいました。

Mさんは私が入りたての頃より良くなっているとフォローしてくださいました…😭

 

ママから「日々頑張ってください。」というお言葉と共に挨拶をして、

私はMさんと駅に向かいました。

 

帰り際、不安になった私はMさんに相談をしました。

Mさんは、ご自身の過去や私へのフォローも入れてくださりながら、

 

まずはいらっしゃるお客さまの関係性を察して、気遣いを忘れない

とにかくお客さまが欲しい言葉(嬉しい)や盛り上がる会話をこちらが引き出し、

こちらばかりが話すのではなく、基本お客さまのお話を聞く姿勢を大切にしていく。

お酒も適度に飲んだほうが良い…(笑)

→私ができることを日々一つずつ増やしていく、週2しか入っていない私はとにかく

来てくださるお客さまがどんな方なのかをしっかり認識していくこと

 

このように過去の経験や学んだことを通して私にアドバイスしてくださったMさんに感謝し、お盆明けもしっかりやっていこうと決心しました!