銀座ダイアリー

まじ銀15日目!

真剣に銀座のクラブのママの元で働き始めてます15日目

 

今回は以前の髪型に対して、

ママの的確な厳しいご指摘をいただいたので、

初めてのヘアメイク美容院デビュー!!!をしました(笑)

 

→池袋駅北口をふらふら迷いながらギリギリ到着してのスタートでした…😹

https://nab.tokyo/

@ 池袋にあるお店で初回は安くでしていただきました!

 

さっそくそこで銀座で働いていることをお話して

どんなヘアスタイルにしてもらうかも決めてやっていただけることになりました!

 

ヘアスタイルバッチリのスラッとした男性の方で(後々HPを見ると店長さんでした…w)

私が話をすると、銀座で勤務している方もたまに来られるみたいで

(この近くに住んでいる方、用事で来られた方)

ママがいることも話すと、

「ママはお店で絶対だからママが言ったことは守らないとですもんね〜」と

(ただ私が

共感してもらいながら、

私の髪型セットの悩みを相談していました…

 

①私の顔の形が面長よりということなので…

ママ曰く高さを出したほうがいいとのことでしたが、

出しすぎると逆に面長より→面長化してしまうのだとか…

 

②高さを出して、ツルッと感を出すにはどうしても「逆毛」が必要で…

「逆毛(さかげ)」とは?

整髪で、髪の毛を櫛(くし)で先から根もとに向かってとかし、逆立ててふくらませるもの。「逆毛を立てる」

ということで、今まで動画を観ながら練習したもののママにやってもらうようにはうまくいかず…心が折れかけてました…

https://youtu.be/_RxnqWiYZOQ

↑↑↑

この綺麗な女性がご自身でやっている動画を観まくってましたが器用さが足りず…

ヘアセットの動画を参考にする場合は、

マネキンを使っているものではなく、

自分の髪でやっている動画が一番ためになるそうです!

→やはり逆毛を立てるのはある程度の技術が必要で、練習あるのみだそうです…💪😂

(だいぶ試練…笑)

 

とまあ、

やっぱりプロの方は違い出来上がりが上つるつるの逆毛でカールしっかりのヘアスタイルが完成しました!!

 

一応完成後写真(笑)↓

今の私の器用さではここまではまだ足元にも及ばないという…(泣)

 

と短時間にも関わらず親身になって相談を聞いてくれたスタイリストさんに感謝しつつ、

この髪型で少し恥ずかしさを隠しながら池袋から銀座へ向かいました!

 

銀座に到着…

 

結局20時過ぎに銀座のお店に着いて、

緊張しつつも、扉の前に立つと、既に笑い声が…

 

ということはお客様いらっしゃる!!ということで

さっと着替えを出して荷物を入れて存在感を消してお手洗いに入りました…!

 

そしていつもなら着替えて急いでヘアセットをするところが

既にできあがっていることへの感動(時間とお金かけたw)で

化粧直しをするだけで終わりました!

 

そしていざ出陣!ということで

扉を開けると…

 

お客さまとタイミングが合いまたバレないように個室へ逃げ込みました(笑)

 

気を引き締め直していざ扉を開けて、

そっと(自分なりに堂々と?)歩きながらお客さまのところを横切ると

以前も来られていた(渋い系のダンディな)Iさんとお連れさまがいらっしゃり、

ピアノの先生Mさんとお話上手のEさんたちが談笑しているのを横目に

 

とりあえずできることである洗い物や片付けをして

しばらく待機していました…!

 

そうしているとご来店のドアベルが鳴り、

ママが先にその後を追ってお客さまを迎えに行くと

 

お客さまがお一人で来られていました(なかなか第一印象恐め…強面とはこのこと!?)

お荷物を急いでお預かりし(おカバンはカワイめ)

ママから氷をすぐに、ということで氷を急いで準備し出そうとすると…

 

ママに急に電話番号の書いた表を求められ、渡すと

すかさずママはお寿司屋さんに握りを出前で頼んでいました…!!

 

 

その後

チョコを出すと、ママから「青色」のチョコに変えてと言われ

「え!!!!?(お好みなんだ…)」

 

と思いつつ、袋が青色のチョコを全部抜き取りお客さまに出すと

「青だね…」とお客さまはご満足いただけたようでした(笑)

 

 

と、つまみのお菓子を出して少しすると

 

またドアベルの音がしたので急いで向かうと出前のお寿司が到着したようで、

(結構大きなサイズで…)

ママは急いでお皿と醤油を準備したあと、ピアノの先生Mさんがそのお客さまの元へ付いていました。

 

また待機場所に戻り氷の補充と掃除をしてしばらくすると、

ママからMさんがいらっしゃるところへ行きなさいとのことで

 

「ご一緒してもよろしいでしょうか?失礼します。」と言って

一見こわめな方(渋め・ファッションおしゃれ)の隣に付かせていただきました!

 

付いてそうそう言われた一言がなんと、

「もうお腹いっぱいだから、寿司食べな。」でした!

驚きつつもMさんも沢山食べたのとのことで、

急いでお皿とお箸を準備しに行きました!

 

ママからはこそっと

「本気でバカみたいに食べたらみっともないからね…!」と言われて

それをしっかり守ろうと思い、1貫だけいただきました!

(めちゃ美味しい高そうなお寿司でした😋)

 

そしてその方の側でお話をMさんと一緒にさせてもらうと、

 

Oさん(仮名)は…

・ちょうど来るようになって3年半ほど(Mさんと同じタイミング)

・壮絶なサバイバルのような幼少期

こまか〜い小銭を握りしめて72円の焼きそばを2つ買ってご飯にかけて食べるのが幸せだった→想像できないほど)

・時間への要領の良さハンパじゃない

(どこかへ出かけるときは、必ず何か起こっても大丈夫なようにそれらを考慮した状態で事前にスケジューリングする

→その場で行きたい場所を決めてもらって予約電話、車を駐車し「ながら」先にお連れ様に中の様子をみてもらう)

立ち止まる時間が眠る時、家にいる時以外はほぼ皆無→例)温泉苦手、食事も食べてすぐ出る(お寿司屋さんは15分ほどで!?)

 

というなんとも先読みと要領の良さが際立っている方だったので、

本は読まれるのですか?と質問したところ、

まさかの活字全く読まない、とのことでした…!!(今まで一度も読んだ覚えがない、一番苦手だったのは読書感想文でできる女の子に教えてもらって終えていたw)

 

本を読まない理由も信念がはっきりされていて(すべての本はあくまで筆者の人生であって自分にあてはめて考える必要がない…小説などもご興味なし)

 

というお話だったのですが、そんな本読まないOさんでしたが

まさかの本屋さんでバイトをされていたのだそうです…(新宿の思い出横丁あたりにあった日本一売れていた古本屋さん…!)

そこでのエピソードも凄まじく…!

 

・ゴリゴリの江戸っ子のおじさん店長

・品質仕分けの仕方(ハダカのままは没、張り付いているページ)

見せ方で(心理的に攻める)売上UP(本をうまいこと並べて、敢えて高い値札を混ざらせることで結果中身は同じものなのに高い値札も一緒に買ってくれる)

・万引は入った瞬間から分かるそう…(Oさんは敢えて逃してから捕まえて二度とさせないように晒し者にしていた…💪😨)

・毎日来る人がいて、その人達は店の手伝いもしてくれる分、店長と裏取引ができるほどの常連さんだった(2名ほど)→初版から全てを調べ上げるほどの本好きだった!?

 

そんな過去のエピソードを聞かせてくださり、

なかなか破天荒な方なのだな…と改めて感じつつ

 

その方は実は談笑時にも皆さんがよく話題に出されるほどの

人気があるお方で(Mさんは接客する度に毎回何か面白い話をして、と振られるのだそうです…)

皆さんから人気になる理由が分かったような気がしました…!

 

・とても落ち着いている

・嫌味のまったくない自信と余裕が雰囲気から溢れている

・リーダーとしの風格が漂っている

・なのに歌声が透き通っていて優しい歌声!!ギャップ!!

 

ということで、カラオケでもその歌声を発揮されており女性一同うっとりしていたのは間違いありませんでした…!

 

そんな魅力溢れた常連さまに付かせていただき、

思っていた以上に型破りだけど成し遂げている方がいらっしゃるのだと勉強させていただきました!

 

最後は「頑張れよ!」との言葉を残してもらい感謝しかないです…!

 

〜本日の反省〜

・ライターまだ着け損ね率 50%

・氷の補充 遅かった

・カラオケのキーを勝手にいじってしまった…