銀座ダイアリー

まじ銀9日目!

真剣に銀座のクラブのママの元で働き始めてます9日目

 

 

本日は仕事が休みだったこともあり、

念のためと自宅で髪型を練習しつつ、

セットしてちょろっと買い出しをしてから向かいました!

 

すると…

 

あれ?声が聞こえるもしや

と思い扉を開けると、

 

 

当たりーー!

 

既にお客さまがいらっしゃいました!

→2回ほどお会いしたことあるお客さまがお2人とママは間違いなくいらっしゃいました

 

と、急いで着替えて軽く化粧直して、お手洗いか出て向かおうとした時、

 

ピアノの先生Mさんの声が聞こえたんです笑い声もん?

 

 

あれ?いらっしゃるんだと思い、

 

出て行った時のシミュレーションをして、

いざ出陣!と思い、いらっしゃいませが結局か細い声になった事を悔やみながら、

タイムカードをきって手を洗っていた時に、

 

あれ?やはりMさんがいらっしゃらない

ただ、グラスが他にもあったのでもしやいつのまにかお迎えに?

 

 

と思いつつ、やることを考えながら中で追加のお菓子を作ってうろちょろしていると、

ママから「お菓子作って」といわれ、

 

私は「あぁ、別のテーブルにグラスあったからその準備かな」と思い、ラップをしてそのままにしていた時、

常連さんでお偉い方から(Fさんとします)「もう後賑やかな人が増えるから練習練習!」と、

お声掛けいただいて、

ご一緒させていただくことになりました。

 

 

座ると同時にママが一瞬こっちに、

(もう、何でわからないかな私がやる)

というお顔をされ、席を立ちそのまま私が作ったお菓子を違う種類に変えて

持ってきてくださいました

理由は、お客さまのお菓子がほぼなくなっていたからです😖

 

「うわ〜…やらかしたー…」と思いつつ、

そんな顔してられないと気を取り直していると、

Fさんから年齢を聞かれて驚かれ、もう1人の方から冷静に西暦を当ててもらい、

出身地の話も軽くさせていただきました🤗

 

エントランスでベル?の音が聞こえたので、ママからのいらっしゃいませの声と

「あ!お客さまだ!」と思い、ママからのお荷物お願いといわれ向かうと、

 

そこには着替え終わって今からのMさんが

 

え!?と、思わず「今お客さま来られました!?」と聞いてしまう私と、

いいえ、と冷静に返すMさんそりゃそうだな😨

 

とにかくその時はなんとも言えない怖かったやり取りでした

 

 

お荷物も以前からいらっしゃるお客さまの分の事でした

そこからお2人のお客様と私たち3人で話で話していると、

 

 

例のお2人が来られました!

お一人は以前もお見かけした方でした!

 

そこから、お仕事の話、恋愛の話をしていました。

それからFさんがスキーをずっとされていたお話になり、

私に「スキーする?」と振られて、

 

小さい頃から家族とよく一緒に行っていたので、

 

素直に「はい!」と言うと、

まさかのFさんと握手🤝できました!

 

ちょっと認めてもらえた感があって嬉しかったですw

 

それからカラオケ🎤で歌いつつ、

皆さま会社やゴルフ⛳️などのお話をされていて、

いかにFさんは皆さまから慕われているのかという事がよく分かりました!

 

 

そして、時間になったので全員で見送りFさんはお帰りになり、

残りの3人の方で、たまにカラオケ🎤したりいろんなお話をされていました。

 

 

ただ、反省点としては

真ん中にいらっしゃったお客さまがおタバコ🚬を吸われるタイミングをまた2回ほど外してしまい、

Mさんにお客さまの間をくぐって着けてもらってしまったのは失態です…とにかく視野を広げる、一瞬のタイミングを逃さない!

 

 

印象に残ったお話は、

敵は内にあり、という事でその人自身のことをよく思ってない人は外ではなく内にいる事が多いということ。

子は鎹(かすがい)とよく言いますが、犬も鎹になる🐶という事をFさんと一緒にいらっしゃり、ママと本音で話し合える仲のNさんがそれを体現されていました。

 

とにかくNさん(男性です)の歌声は毎度毎度、色気があって皆さまうっとりしながら安全地帯の曲を聴いてました(笑)

 

そんなこんなで3時間近くいてくださり、また来ようかな!とお声掛けいただき、

何よりだなと思う日でした。

 

その後、手分けして私は洗い物とキッチン周り、Mさんはトイレ掃除をして、

ただ、キッチン周りの片付けが分からず終えられなかったので、

次は聞かずに終えると宣言しました!

 

 

その後、聞きたかったことをママに教えていただいたことは、

 

  • お客さまのところへ行くタイミングは基本ママに声掛けてもらってから、ママが手を離せない時はお客さまの様子を見て入るかどうかを見る

※ただ、ドリンクを手伝ったりすることはできるのでそこをしっかりする

  • おタバコを吸うなどの一瞬で必要な時以外は、ドリンクを作ることを優先する

灰皿交換<ドリンク

  • 美人でなくとも、美しくなる努力を惜しまない、

そして何よりお客さまによしよししてもらうのではなく

可愛がってもらえる私になる!

※一度気に入って貰えればむしろ何しても良い

 

との事でした(笑)

頑張ります!!